角質を剥がすと美白になれる?

ピーリングに代表されるように、古くなった角質を剥がし、新しい角質を再生させる事によって、美白になれると言った事が、最近では定説となりつつありますよね。

 

それでは、本当に角質を剥がすと美白になれるのでしょうか。
確かに、ピーリングを行った後の肌は、ゆで卵をむいた時のようなツルツル肌になっていて、肌のくすみも解消され、美白になったような気がしますよね。

 

事実、ピーリングを行う際に利用するグリコール酸には、コラーゲンの合成の促進や美白といった効果はあります。

 

けれど、このピーリングも、いきなり肌から必要な分の角質まで剥がす訳ではなく、個人個人の肌の状態を観察しながら、徐々にピーリングの回数を重ねて美白を促しているのです。

 

つまり、確かに古くなったメラニン色素を含んだ角質を剥がす事で、肌のくすみが解消されて美白になれますが、それは肌の調子を見ながらゆっくりと剥がして行く事が大前提となっています。

 

最近の角質ケアの商品の中には、美白効果を求めるあまりに、角質を過度に剥がしてしまう商品が多いようです。

 

その結果、肌に必要な角質細胞までも剥がしてしまい、肌トラブルの原因となってしまっているのです。
このように、美白効果を謳った角質を取り除く石鹸や化粧水の使用には、十分な注意が必要となります。

 

美白へ即効性を求めるのではなく、肌に負担を掛けない無理のないペースで肌のターンオーバーを促すような方法が、美白には一番効果的なのではないでしょうか。